彼を描いた2つの肖像。 その見つめる先は驚きに満ちていた。
神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展 The Empire of Imagination and Science of Rudolf II 2017年11月3日(金・祝)〜12月24日(日) 福岡市博物館
神聖ローマ帝国皇帝にして稀代の収集家ルドルフ2世《芸術と学問を愛した我が驚異の世界へようこそ》 神聖ローマ帝国皇帝にして稀代の収集家ルドルフ2世《芸術と学問を愛した我が驚異の世界へようこそ》

 神聖ローマ帝国皇帝・ルドルフ2世(1552‐1612)は、芸術と学問の「偉大なる庇護者」として知られています。彼が帝都としたプラハの宮廷では、天文学者や科学者、錬金術師などが研究に没頭し、ジュセッペ・アルチンボルトなど優れた芸術家たちが皇帝のために作品を創作しました。また、世界各地から芸術品や工芸品、最先端の科学機器、新発見の動植物、珍奇な自然物などが膨大に集められ、「驚異の部屋」と称される一大コレクションが形成されました。
 本展覧会では、綺想の皇帝・ルドルフ2世のもとで花開いた、美しさと妖しさが同居し、かつ魔術的な魅力にも満ちた芸術と科学の世界を、彼が愛した芸術家たちの作品を中心にご紹介します。

本展のみどころ
(左上)ハンス・フォン・アーヘン作のコピー 《ハプスブルク家、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の肖像》(部分) 1600年前後、油彩・キャンヴァス、スコークロステル城、スウェーデン、Skokloster Castle, Sweden
(右上)ジュゼッペ・アルチンボルド 《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》(部分) 1591年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン、Skokloster Castle, Sweden